〒136-0071 東京都江東区亀戸2-17-24 | JR総武線「亀戸駅」北口徒歩4分

バスキュラーアクセスセンター

バスキュラー
アクセスセンター

特色

基本方針

痛みに配慮した治療を行います

シャントPTAでは従来、非常に多くの患者さんが細くなった血管をバルーンで拡げるときにひどい痛みを訴えておりました。当院では細くなった血管の表面に局所麻酔を行い、場合によりエコーで見ながら血管の裏側にも局所麻酔を追加することで、痛みのない治療を目指しています。

最新の医療を提供します

バスキュラーアクセス関連の研究会に積極的に参加し、最新の医療を提供します。
放射線や造影剤を使用しないエコーガイド下PTAを導入しております。
最新の医療器具(ステントグラフトや薬剤コーティングバルーンなど)や方法(シャント閉塞に対するシャントPTAなど)にもいち早く対応し、習熟しております。

日帰り手術、入院治療どちらにも対応します

シャントPTAは基本的に日帰りで行っております。シャント作製や瘤切除などの手術は、日帰り、入院どちらにも対応しており、術後痛みが軽減し通常の日常生活が送れるようになるまで入院が可能です。シャントが無いにもかかわらず透析開始となってしまった場合、当院に転院しシャント作製する事も可能です。シャント閉塞のためにシャントを再建した場合、シャント穿刺が安定するまで入院透析の継続が可能です。

シャントの検診を行います

シャントトラブルの予防策として、エコー検査による定期的なスクリーニングが注目されています。エコー検査は、痛みや放射線被ばくなどの問題がなく、手軽にできる検査です。当院では、バスキュラーアクセスに精通した検査技師が定期的に検査を行い、シャント急性閉塞が大幅に減少しております。こうした「シャントの検診」を含めまして、透析の際などにシャントの異常が疑われましたら、一度当院でエコー検査を受けていただくことをおすすめいたします。
当院で定期的なエコー検査を受けていただければ、たとえシャントが閉塞しても、手術ではなくシャントPTAで治療することも可能です。

透析療法に関わる経験豊富な医師が対応します

透析患者さんの高齢化、透析歴の長期化、糖尿病患者さんの増加に伴い、シャントの作製が困難な方が増加しております。透析に利用できる血管には限りがあり、長期的な視点に立ってシャントを作製します。


お問い合わせ


地図